妙蓮寺駅より徒歩1分の歯科クリニック。小児歯科専門医。横浜市港北区の小児矯正・一般歯科・歯医者・インプラント・デンタルエステ

未来のママへ(妊婦歯科健診)
pre mama

院長からこれからママになる方へ

当院では、妊娠した女性をプレママと呼んでいます。
これから出産に向かっていく上で、注意しなければならないことがたくさんあります。また、生まれてくるお子様にどのようにすれば、むし歯になりにくい子になるのか心配ですよね。

むし歯を放置していて臨月が近づくと辛い思いをすることになります。安定期のうちに治療をしておきましょう。
た、出産時に食いしばることによって歯がかけてしまうことも多いようです。お子様が生まれると、自分の治療に行くことが困難になります。

お子様は、ほとんど細菌がいないところから、出産に伴い様々な菌に出会います。
しかし、むし歯の原因となる菌は自然に入ってくるものではありません。全て人為的に感染してしまいます。多くの場合は母親からの感染です。
生後6か月頃から下の前歯が生えてきます。お口の中に歯が出てくるとむし歯菌は定着しはじめ、2歳半までには細菌が定着してしまうことにより菌のバランスが決定し、一生この状態が続いてしまいます。むし歯の多い子少ない子は、この菌の定着に関与するのです。
そのためにも、出産前後のケアが大切になってきます。
ぜひ、妊娠中のプレママはご相談にいらしてくださいね。

ご存知ですか?
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には「むし歯菌は0!」

子どもの歯、咬み合わせなど、丈夫な歯や顎を育成することはとても大切なことです。
お子さんのお口の健康のために、ママができることを勉強しましょう!

小児歯科医だから教えられる、むし歯リスクを減らす方法

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌はいません。ではどうしてむし歯になるのか?
それは赤ちゃんと接する大人からうつると言われています。特に一番身近で接するママが、お子さんにむし歯をうつす可能性が最も高いと言えます。
また、最近の研究では妊婦さんの歯周病が、早産、流産、低体重児のリスクを増大させることがわかってきました。
安全な出産とお子さんの健康を守るために、婚活前や妊娠中に歯科検診を受け、むし歯や歯周病の治療・予防を行いましょう。

横浜市妊婦歯科健診【30分】

当院は、妊婦歯科健診実施医療機関です。
横浜市内に住民登録がある妊婦さんは、妊娠期間中に1回無料で健診を受けることができます。
妊娠中は女性ホルモンのバランスの変化により、歯肉炎やむし歯など口腔内の病気になりやすくなります。歯肉炎が進行し、歯周炎になった場合、出産にも影響がでてきますので早めに受診しましょう。

妊活前に!マタニティライフ【30分】

妊娠されると、つわりのひどい時期は検診になかなかいらっしゃれないと思います。
妊娠性歯肉炎や、お腹の中いる赤ちゃんへの影響など妊娠前に知っておいていただきたいことがたくさんあります。
例えば、お腹の中の赤ちゃんは、胎生7週から乳歯が作られ、エナメル質が作られるのが妊娠4ヶ月の時期ですので、この時期にママが食べる物がとても大切です。
妊活前、妊活されている方は、ぜひ、検診と一緒にお話を聞きにいらしてくださいね。

赤ちゃん歯科【30分】

乳歯の磨き方や、母乳むし歯、まだ歯がそんなに生えていなくても、赤ちゃんの頃だからできることがあります。
例えば、歯並びには後天的なことが原因で起こるものもあります。赤ちゃんの頃の困ったクセで矯正治療が必要になる事もあるのです。
「こんな些細なことが歯並びに影響するの!?」「もう永久歯に影響があるの!?」など、お話を聞いたママたちは皆さんびっくりされます。
子育てをされる上で、お口の中の分からないことはたくさん出てくると思います。
そんな時には、子どもの歯の専門家にご相談ください。

スマ-トフォンサイトを表示する